プロフィール
トレード大冒険日記完結 波動使い

波動使い@銀浪

Author:波動使い@銀浪
ツイッター開放中↓
(平日限定)
https://twitter.com/ginrou357

このサイトが初めての人は
まずここから読んでください。↓
注意事項&簡易プロフィール

トレードは自己責任&自己資金管理&自己判断で・・・。
更新不定期。~セミリタまったりを満喫中~
新プログへようこそ。楽しんでいってください。
主に株(T1)&FX(ポン)メインでトレードしています。

このプログの進め方(目次)

現在プログコメント&メール等は受け付けていません。

人気pick up まとめ一覧
FXプログパーツ
FX経済指標
by 株価チャート「ストチャ」

元祖FX半値トレード検証&実践 『はぐれ勇者スキャットマンVol.30』

・半値トレード実況中継
2016y04m08d_165540062.jpg
2016y04m08d_165529765.jpg
2016y04m08d_165535328.jpg
2016y04m08d_165417796.jpg

Sで入ってレンジでもじもじしてしまったときは
ナンピンリバ取り逃げをして土転気味にポジを取ること
短期的トレンドが転換していることに注意 
最後は抜けちゃうケースがあるので・・・ 長期のスパ2三段目とかよくある・・・

逃げる方法は他にもあり両建てヘッジとか枚数(マーチン)とか
いろいろコントロールする方法がある

半値&うねり(両建てヘッジ使い)トレーダーって
まあほとんど負けないやり方をしている LCもするけど・・

2016y04m08d_174356687.jpg
2016y04m08d_174406078.jpg

上級者向けのやり方 225スイング(両建ヘッジスイングとか)ではあたりまえなんですが・・・



『FXスキャットマン物語』~前回からの続き~

今回
『はぐれ勇者スキャットマンVol.30』

【主な登場人物】

・スキャットマン(人間):FX波動トレーダー(新米)
・ルキア(死神):スキャットマンの監視員&酒田トレード伝道サポーター
・白哉(びゃくや/死神):酒田トレード創始者&相場師
・夜一(黒猫化人間):師匠&相場師
・ソイフォン(死神):弟子&モグラ上級指数系トレーダー
・ギン(死神):堕天使情報クリエイター
・乱菊(死神):三流物販OL

登場人物&プロフィール詳細
スキャットマン物語~まとめ~

《前回までのあらすじ》
前回詳細
『はぐれ勇者スキャットマンVol.29』



ソイフォン・白哉・ギンの3人の密談をこっそり聞いてたスキャットマンとルキア

そのとき3人の密談を夜一が屋根の上から監視していた

ルキアは過去の夜一の言動から夜一に対し不信感を抱く・・・





スキャットマン:『おい ルキア 夜一さんを疑っているのか?』

ルキア:『ん まあ 女としての直感もあるし 実は・・・』

スキャットマン:『なんだ』

ルキア:『夜一殿はソイフォン隊長と私だけの共有の秘密を知っていた』

ルキア:『あと 市丸ギンについても裏の事情をかなり知ってるように思えるんだ』

スキャットマン:『そうか・・・腑に落ちないって言ってたよな』

ルキア:『ああ その辺何かしらの裏づけが必要だけど 
    とりあえず警戒しておいたほうがいいと思う』

スキャットマン:『どうだろうな ソイフォン隊長に襲われたとき
          助けてくれたのが夜一さんだし・・』

ルキア:『その点も考慮しても何かしら裏事情があると見てるんだが・・』

スキャットマン:『う~ん 難しいな』

ルキア:『ああ』

スキャットマン:『まさか 市丸ギンを裏で操っているのでは・・・って 思い過ごしだろうか・・』

ルキア:『いわゆる黒幕を操る真の黒幕か?』

スキャットマン:『ああ そんな感じだ・・・そう考えると恐ろしいな』

ルキア:『まあな 一応用心しておいたほうがいいだろう』

スキャットマン:『ああ 夜一さんには要注意だな』

ルキア:『ああ』


その時裏で2人の会話をじっくり聞いている者がいた・・・その正体は?


~~to be continued~~





『帰ってきたFXスキャットマン』~第一部~
Vol.1 Vol.2 Vol.3 Vol.4 Vol.5 Vol.6 Vol.7 Vol.8 Vol.9 Vol.10
Vol.11 Vol.12 Vol.13 Vol.14 Vol.15 Vol.16
『波動戦士スキャットマンVol.17』~第二部~
Vol.17 Vol.18 Vol.19 Vol.20 Vol.21 Vol.22 Vol.23 Vol.24 Vol.25
『はぐれ勇者スキャットマンVol.26』~第三部~
Vol.26 Vol.27 Vol.28前回⇒Vol.29 Vol.30次回⇒Vol.31 Vol.32 








関連記事

コメントの投稿

秘密

   

トップへ戻る