プロフィール
トレード大冒険日記完結 波動使い

波動使い@銀浪

Author:波動使い@銀浪
ツイッター開放中↓
(平日限定)
https://twitter.com/ginrou357

このサイトが初めての人は
まずここから読んでください。↓
注意事項&簡易プロフィール

トレードは自己責任&自己資金管理&自己判断で・・・。
更新不定期。~セミリタまったりを満喫中~
新プログへようこそ。楽しんでいってください。
主に株(T1)&FX(ポン)メインでトレードしています。

このプログの進め方(目次)

現在プログコメント&メール等は受け付けていません。

人気pick up まとめ一覧
FXプログパーツ
FX経済指標
by 株価チャート「ストチャ」

元祖FX半値トレード検証&実践 『はぐれ勇者スキャットマンVol.26』

・半値トレード実況中継
2016y04m04d_122856500.jpg
2016y04m04d_122749359.jpg
2016y04m04d_122801578.jpg
朝一オジS 昼一ユロS さて・・・ スパ1タッチしてからが無難な戦略だと思うが・・ ポンルS追加と
S分全決済 逆張り系半値Lドル・・・

『FXスキャットマン物語』~前回からの続き~

今回
『はぐれ勇者スキャットマンVol.26』

【主な登場人物】

・スキャットマン(人間):FX波動トレーダー(新米)
・ルキア(死神):スキャットマンの監視員&酒田トレード伝道サポーター
・白哉(びゃくや/死神):酒田トレード創始者&相場師
・夜一(黒猫化人間):師匠&相場師
・ソイフォン(死神):弟子&モグラ上級指数系トレーダー

登場人物&プロフィール詳細
スキャットマン物語~まとめ~

《前回までのあらすじ》
前回詳細
『波動戦士スキャットマンVol.25』



黒猫死体事件の真相を知るため
夜一からの指令で
黒幕の正体を突き詰めるスキャットマンとルキア
さてどうなる?


~第三部スタート~



ルキア:『ああ~疲れた 疲れた~』

スキャットマン:『ここんとこ事件事件ばっかで疲れるよなあ~』

ルキア:『ああ ちょっとご飯でも食べにいかんか?』

スキャットマン:『ああ いいね それ 飯だ 飯 まずは腹ごしらえだ』

ルキア:『ああ 知り合いがあんみつ屋をやってる店があるが 
     どうだ 行かんか スキャットマン?』

スキャットマン:『ああ 行ってもいいぜ』

ルキア:『じゃあ さっそく行こう』


2人はさっそく知り合いが運営するあんみつ屋へ向かっていった


スキャットマン:『ここか?』

ルキア:『う~ん 確かこの辺だったんだけど・・・なんか違うような変わった雰囲気がある』

スキャットマン:『とりあえず入ってみようぜ』

ルキア:『うん あれは・・・松本副隊長!?』

乱菊:『あ~ら こんなところで 朽木 めずらし』

ルキア:『どうも 松本副隊長』

乱菊:『どうしたの?朽木』

ルキア:『この男とあんみつを食べにきました』

乱菊:『へえ~ め~ずらし~ 朽木がね』

スキャットマン:『おい いいのか?』

ルキア:『この男は現世のスキャットマンといいます』

乱菊:『現世からねえ~ スキャットマンよろくしく』

スキャットマン:『よろしく 乱菊さん』

乱菊:『ねえ~面白そうな青ネコね』

スキャットマン:『ネコじゃねー 人間ですよ』

乱菊:『見た目ネコに見えるけどお・・・』

乱菊:『あ そうだ ココで待っている人がいるけど いいかしら・・・』

ルキア:『はあ 私達は別にいいですけど』

乱菊:『じゃあ もう少し待ってって もうじき来るから・・・』

ルキア:『誰を待ってるんです?』

乱菊:『ギンよ』

ルキア:『市丸隊長・・・!!!!』

スキャットマン:『どうした ルキア』

ルキア:『ああ ちょっと気分が悪くなってしまった・・・』

スキャットマン:『だいぶ気分悪いんじゃね 大丈夫か?』


その時であった 
突然現れた謎の男がルキアの背後から彼女の頭を撫でた・・


~~to be continued~~





スキャットマン物語~一覧ページ~

『帰ってきたFXスキャットマン』~第一部~
Vol.1 Vol.2 Vol.3 Vol.4 Vol.5 Vol.6 Vol.7 Vol.8 Vol.9 Vol.10
Vol.11 Vol.12 Vol.13 Vol.14 Vol.15 Vol.16
『波動戦士スキャットマンVol.17』~第二部~
Vol.17 Vol.18 Vol.19 Vol.20 Vol.21 Vol.22 Vol.23 Vol.24前回⇒Vol.25
『はぐれ勇者スキャットマンVol.26』~第三部~
Vol.26次回⇒Vol.27 Vol.28 Vol.29 Vol.30 Vol.31 Vol.32 






関連記事

コメントの投稿

秘密

   

トップへ戻る