プロフィール
トレード大冒険日記完結 波動使い

波動使い@銀浪

Author:波動使い@銀浪
ツイッター開放中↓(平日限定)
https://twitter.com/ginrou357

このサイトが初めての人はまずここを読んでください。
》注意事項&簡易プロフィール

トレードは自己責任&自己資金管理で・・・。
更新不定期。~セミリタまったりを満喫中~
新プログへようこそ。楽しんでいってください。
主に株(T1)&FX(ポン)メインでトレードしています。
》このプログの進め方(目次)

人気pick up まとめ一覧
FXプログパーツ
FX経済指標
by 株価チャート「ストチャ」

元祖FX半値トレード検証&実践 『波動戦士スキャットマンVol.21』

・半値トレード実況中継
2016y03m28d_162916484.jpg
2016y03m28d_162959531.jpg
2016y03m28d_163044125.jpg
先週の持ち越しユロ・ドルLポジ決済し 待ち状況 
スパ1タッチ後また陽陽狙いか?どうか? 一応ロング準備
三角持合パターンもあるので要注意だな 逆張りショートなら短期で狙う感じ 陽陰パターン

2016y03m29d_011254187.jpg
2016y03m29d_011259765.jpg
2016y03m29d_011306890.jpg
2016y03m29d_011428828.jpg
ドル&ユロ 逆張り系S Lは微LC ユロ&ポンLリカク 上記図のような感じが半値トレード 
ボラが無いとモグラはあまり機能しないなあ 役立たずのモグラトレード(レンジでは無効化する)
モグラは万能ではないことを知ることも大事である(他手法も同じだと思う)

本日トータルではプラスのモグラトレード

『FXスキャットマン物語』~前回からの続き~

今回
『波動戦士スキャットマンVol.21』

【主な登場人物】

・スキャットマン(人間):FX波動トレーダー(新米)
・ルキア(死神):スキャットマンの監視員&酒田トレード伝道サポーター
・白哉(びゃくや/死神):酒田トレード創始者&相場師
・夜一(黒猫化人間):師匠&相場師
・ソイフォン(死神):弟子&モグラ上級指数系トレーダー

登場人物&プロフィール詳細
スキャットマン物語~まとめ~

《前回までのあらすじ》
前回詳細
『波動戦士スキャットマンVol.20』


ソイフォンは白哉の事が好きであったがものの見事に振られてしまっていた

ルキア&スキャットマン&夜一 3人はそのシーンを見守っていた・・・





ルキア:『どうしたスキャットマン?』

スキャットマン:『ああ ちょっと気になる事があって・・・』

ルキア:『それはなんだ?』

スキャットマン『ああ ソイフォンのことで』

ルキア:『ソイフォン隊長?』

スキャットマン:『ああ もしかしたらソイフォンは白哉のことが好きなんじゃなくて
          白哉の化身が好きなのかって思ったんだ』

ルキア:『なんだそれは??』

スキャットマン:『つまりだな 白哉は白猫の化身ということじゃないかって・・・』

ルキア:『うむ。そんな話聞いたこと無いが・・・』

スキャットマン:『ブリーチという漫画読んでそう感じたんだ』

ルキア:『よくわからんな・・・???』

スキャットマン:『そのだな 白哉は夜一さんが好きで
          その裏背景には黒猫という猫同士の恋愛があって・・・』

ルキア:『はあ おまえ 妄想のしすぎじゃねーのか? 
     あと いい加減兄さまのことを呼び捨てにするな! 馬鹿者!!』

スキャットマン:『まあ 聞け!黒猫と白猫同士って考えればつじつまが合うし
          ソイフォンを振った理由も理解できる』

ルキア:『私はそうは思わんが・・・』

スキャットマン:『ソイフォンは猫好きだろ?なら白哉が猫ならもしかしたらって推測したんだ』

ルキア:『なるほど おまえ やっぱり頭がイイな』


スキャットマンの頭をなでなでするルキア


スキャットマン:『だーから なでるなよ 猫じゃねーよ』

ルキア:『まあ よいではないか よいではないか』

スキャットマン:『ちょっとコレを見てくれ』


・ソイフォン⇒白哉(白猫)
・ソイフォン⇒夜一(黒猫)
・白哉(白猫)⇒夜一(黒猫)
・ソイフォン⇒白哉(白猫)⇒夜一(黒猫)
・夜一⇒???


スキャットマン:『上記の三角関係はこうなっている』

ルキア:『ああ それで・・・』

スキャットマン:『つまりだな ぶっちゃけ結論からすれば夜一さんが誰が好きなのか 
          はっきりしないことにはこの問題は解決できないってことじゃないかなって』

ルキア:『なるほど 結局は夜一殿の態度次第ってことか?』

スキャットマン:『ああ そういうことだ』

ルキア:『う~ん 難しいな 夜一殿は気まぐれだからなあ』

ルキア:『あ 気がつけば夜一殿がいなくなっている・・・』

スキャットマン:『とりあえず 夜一さんを探そうぜ』

ルキア:『ああ』


~~to be continued~~





『帰ってきたFXスキャットマン』~第一部~
Vol.1 Vol.2 Vol.3 Vol.4 Vol.5 Vol.6 Vol.7 Vol.8 Vol.9 Vol.10
Vol.11 Vol.12 Vol.13 Vol.14 Vol.15 Vol.16
『波動戦士スキャットマンVol.17』~第二部~
Vol.17 Vol.18 Vol.19前回⇒Vol.20 Vol.21次回⇒Vol.22 Vol.23 Vol.24 Vol.25








関連記事

コメントの投稿

秘密

   

トップへ戻る