プロフィール
トレード大冒険日記完結 波動使い

波動使い@銀浪

Author:波動使い@銀浪
ツイッター開放中↓
(平日限定)
https://twitter.com/ginrou357

このサイトが初めての人は
まずここから読んでください。↓
注意事項&簡易プロフィール

トレードは自己責任&自己資金管理&自己判断で・・・。
更新不定期。~セミリタまったりを満喫中~
新プログへようこそ。楽しんでいってください。
主に株(T1)&FX(ポン)メインでトレードしています。

このプログの進め方(目次)

現在プログコメント&メール等は受け付けていません。

人気pick up まとめ一覧
FXプログパーツ
FX経済指標
by 株価チャート「ストチャ」

新生FXスキャ検証&実践 『帰ってきたFXスキャットマンVol.6』

・酒田スキャ実況中継
2016y03m04d_162850062.jpg
酒田スキャのつもりがデイトレチックに・・・買い増しなど入れプラ50PPオーバー
酒田スキャにもエリオット的思考を取り入れることで利を伸ばすことが可能 EN計算を使用する
上記事例 1波E計算算出 123はN計算(E計算)をする等 もぐらトレード(半値トレード)といってもいいだろう

2016y03m04d_181025015.jpg
2016y03m04d_181442125.jpg
ドル1H半値たたきS決まる プラ30PPほど(デイトレみたいなってる・・・) 
ポイントは各波動のフィボ半値の一致(売買圧力均衡)⇒節目


・逆張りBO実況中継
2016y03m04d_162031703.jpg
2016y03m04d_161925343.jpg
5MBW中(2バンドにタッチし続ける)はスルーすることが鉄則ルール
トレンド発生はスルーの逆張りBO手法



『FXスキャットマン物語』~前回からの続き~

『帰ってきたFXスキャットマン』Vol.6


《前回までのあらすじ》


前回
『帰ってきたFXスキャットマン』Vol.5


最近スキャトレードの調子のいいスキャットマン

そんな彼のトレードの売買履歴を見てルキアが忠告する





スキャットマン:『案外ローソク酒田だけでも結構やれるもんだな』

ルキア:『うむ そうだろ 酒田の真髄はソコにあるんだ』

スキャットマン:『ああ ルキア この間のこと教えてもらおう』

ルキア:『うん 売買履歴に隠された真実だったな』

スキャットマン:『ああ』

ルキア:『おまえのトレード売買履歴をじっくり観察して思ったことは』

スキャットマン:『思ったことは』

ルキア:『トレードが上手すぎるってことだ!!』

スキャットマン:『なんだって』

ルキア:『トレードは下手でなくてイカン』

ルキア:『トレードが上手いとついつい調子に乗ってロスカットを疎かにしたり
     無茶なナンピンをしたりすることがあるんだ』

スキャットマン:『調子に乗っちゃダメってことなのか?』

ルキア:『まあ そうだな 過剰なお調子乗りはダメだ』

ルキア:『今もそうだが おまえは自分でも知らず知らずの内に
      調子に乗っていることがわかっている』

スキャットマン:『自分でも知らない内に調子に乗っていることが
          わからんところが恐いってことか』

ルキア:『ああ そうだ』

スキャットマン:『そのために ルキア オレのトレードの監視が必要ってことなのか』

ルキア:『まあ そういった見方もできるな』

スキャットマン:『ところで聞くが調子に乗ったままいくとどうなるのだ?』

ルキア:『この図を見てくれ』


2016y03m03d_060613750.jpg




ルキア:『この図のように好調なほどスコトーマが大きくなり
     いずれ大きな負けを喫することがわかっている』

ルキア:『トレーダーはできるだけ一定のテンション(リズム)でトレードすることが
     求められているのだ』
⇒緑線

ルキア:『わかるか 理想は一定のテンションを保ちつつも低い状態にしていくことなのだ』
⇒青線

スキャットマン:『好不調の波を打ち消し淡々とするってことか』

ルキア:『ま 結論的にいってもそうだな』

ルキア:『この最高レベルでの心の状態になるまでは
     それ相応な時間と制御が必要とされている』

ルキア:『その時間と制御を短縮するために私がやってきたということだ』

スキャットマン:『あいなるほど よくわかった 
          オレには十分メリットがあるがおまえには何かメリットがあるのか?』

ルキア:『私側のメリットか・・・?』

スキャットマン:『ああ』


~~to be continued~~


『帰ってきたFXスキャットマン』~第一部~
Vol.1 Vol.2 Vol.3 Vol.4前回⇒Vol.5 Vol.6次回⇒Vol.7 Vol.8 Vol.9 Vol.10
Vol.11 Vol.12 Vol.13 Vol.14 Vol.15 Vol.16





関連記事

コメントの投稿

秘密

   

トップへ戻る