資金管理術

プロフィール
トレード大冒険日記完結 波動使い

波動使い@銀浪

Author:波動使い@銀浪
ツイッター開放中↓
(平日限定)
https://twitter.com/ginrou357

このサイトが初めての人は
まずここから読んでください。↓
注意事項&簡易プロフィール

トレードは自己責任&自己資金管理で・・・。
更新不定期。~セミリタまったりを満喫中~
新プログへようこそ。楽しんでいってください。
主に株(T1)&FX(ポン)メインでトレードしています。

このプログの進め方(目次)

現在プログコメント&メール等は受け付けていません。

人気pick up まとめ一覧
FXプログパーツ
FX経済指標
by 株価チャート「ストチャ」

BO用資金管理法と待つトレードでリスク管理がより強固になる



2016y01m26d_102658289.jpg
(虎視眈々と待つことが非常に大事 期待値100%のとき エントリー命)


BOはバイナリーオプションという特殊な金融商品である
ハイ&ローで決める賭けゲームである


BOにおいても資金管理は非常に重要な要素である

負けて熱くなり掛け金マックスなどをし
即退場しないようにしっかりと資金管理をしておこう


●BO用の資金管理法(資金ルール)

1万円スタートとする

1~3万までは1ロット(ベット)は1000円
3~6万まで1ロット(ベット)は2000円
以下3万ごとに1ロット(ベット)を1000円づつ上げていく

15万で1ロット(ベット)5000円

150万で1ロット(ベット)5万円になる
(5万円が1ロットあたりの最高ベット金額)

理論上順当にいくと3~4ヶ月ぐらいでこのレベルまで達成する
(月100万レベル)

※BOの倍率は平均1.8倍を想定しおよそ3~4週間(約1ヶ月)で資金が3倍になる計算
(海外BO業者の利用)


●BOトレードルール

・1日あたりのチャンス回数は2~6、7回
・その日3つ勝てばその日は即やめ(3連勝とか)
・その日2敗(2連敗等)するときはやばいのでやめることもある
・1時間1回程度のチャンスイメージ
・BOトレード時間は3~4、5時間を想定(LDタイムが主)
・JPタイム1~2回 LDタイム1~2回のチャンスイメージ

●BOメイン手法

・モグラBO~順張りエリ2押目(半値=売買均衡ライン)+酒田五法
1日あたりチャンスは1~3回程度
小波動の順張り押目(エリ2&4)もある

・逆張りBO~BB2シグマタッチ後(エリ35b=3B&2B)からの反転狙い
1日あたりチャンスは1~3回程度(1通貨あたり)
小レンジは見送り

主に使う時間足は1分足と5分足
勝率が高い方がよし70~80% できたら90%以上を目指す
BOは勝率至上主義

チケット時間は5~15分  5~10分が多い(もぐらBO)
5分タイプ・10分タイプ・15分タイプ

1~3分タイプは逆張りBO

各手法図解事例(エリオット波動仮想モデル)
2016y01m27d_145913093.jpg


■参考書籍
FX最終兵器
(酒田五法)
17時からはじめる 東京時間半値トレード -勝率50%の分岐点こそが相場の原点- (現代の錬金術師シリーズ)
(もぐら)
ボリンジャー・バンド入門 ― 相対性原理が取り明かすマーケットの仕組み (ウィザード・ブックシリーズ)
(BB)


●トレードメンタル(格言)

虎視眈々と待つことを心がける
⇒1日2回のトレードイメージ
・勝って驕らず、負けて腐らず
⇒相場で100%勝利はない 負けを認めることも大事
・勝って兜の緒を締めよ
⇒BOは勝つことを前提にしているから


■関連記事
海外BO攻略
新生BO検証
モグラBO事例集

■参考図書
投資苑 - 心理・戦略・資金管理
高勝率トレード学のススメ
トレーディングエッジ入門

























リスク&メンタル管理には密接な関連性があり~これでトレードメンタル一発修正だ~



2015y08m30d_090810109.jpg
(レバを下げメンタル安定 逆テコの原理を理解するのだ!)


トレードにおけるメンタルとレバレッジの関係性を知ることが大事
(リスク&メンタル管理には密接な関連性がある)
※レバとメンタルのトレードオフ関係


基本中の基本である資金管理(リスク管理)ができていないならば
どのような優れた手法であってもまったく役に立つことは無いでしょう


投資家にとってリスク管理は一番大事な要素の1つなのだ



●ハイレバトレード(ハイリスク デイトレード スキャルピング)

ハイレバレッジでのトレードではギャンブル的要素が高くなり
熱くなりやすく恐怖も生みやすい環境になる


2015y08m30d_062813093.jpg
(メンタル枠大きさと=資金枠の大きさ)


ハイレバトレードは自分のメンタルよりもより大きな負荷がかかる
一発退場もある環境でのトレード メンタル的なブレが大きい 


大きく勝った大きく負けたでまさに一喜一憂状態
※冷静な判断が出来ず気がついたら退場になっていることが多い


100万資金でハイレバトレード 毎回50万通貨トレード
⇒レバ50(損大利大~小 必然性仕組み)


100万資金で5万入金でハイレバトレードならばあり 5万通貨のトレード
⇒レバ100であるが相対的にレバ5になっている
負ければ5万入金してのトレードになる
(相対的ローレバトレード資金管理)


ただしこのリスク管理のデメリットは
そこそこの含み損には耐えられないことがあげられる


●ローレバトレード(鉄板王道スタイル スイング)


基本原則であるローレバトレード(損小利小~大 必然性仕組み)
レバレッジが低いのである程度の含み損に耐えられる


心に余裕が生まれトレードにおける思考力&判断力が十分に生きる
思考停止になりにくい 冷静な判断ができる
※ハイレバは逆で思考停止になり冷静な判断力が失われる
(上級者&達人クラスは除く)


2015y08m30d_062803859.jpg
(メンタル枠の大きさと=資金枠の大きさ)


トレードを繰り返し投資スキルの向上&経験値を増やすことで
投資のメンタル(器量)が徐々に大きくなっていく
(リカク&LC経験値 投資スタイルの確立など)


いきなりメンタルが強くなるということは無い
失敗や成功の繰り返し 壁&困難の克服により器量が徐々に大きくなっていく


トレード(投資)だけでなくビジネス&スポーツ&恋愛など(その他分野)においても同じことが言える
成否(実践と検証)・困難の克服などによりメンタルが強化される
⇒問題(課題)解決 困難(壁)克服 成否(成功&失敗)繰り返し 実践主義(アウトプット的帰納法)


メンタルの強さ(器量)はかなりの場数(修羅場)を踏み乗り越えていることにある
(※ピンチはチャンスでチャンスを生かす者こそメンタルの向上が得られる)


ただし
一般ハイレバトレードにおいてハイレバの恐怖を一気に克服することは
不可能でこれを乗り越えることはありえない
(単なる無謀でピンチの解釈を間違えている!!)


トレード(実践と検証)しながら資金量を徐々に増やしていくと
同時にメンタル(トレードの器量)が強化される仕組み
(※滝に打たれて耐える等よくわからない愚かな修行でメンタル強化するなどは無い)


『トレードのメンタルはあくまでトレード(実践売買の中で・・・)で得る(鍛えられる)』ことになる


●淡々とトレードをするには・・・


心をより安定した状態でトレードをするには
レバレッジを低くした状態で行うのがよい



極端な話レバ0.5で行えばメンタル的にも超余裕を持ってトレードできるであろう
⇒プロスペクト理論の克服が容易になる
プロスペクト理論 - Wikipedia


2015y08m30d_062750156.jpg


リスク(損失)をより大きく取るほどリターンも大きくなるのが原理法則である
(資金&メンタルリスク許容度=トレードにおける器量)
大きなリスクは損失も大きくなる


FXではレバレッジ5~10以下程度のトレードが望ましい


●まとめ雑感


レバレッジを下げてのトレードが王道である 
⇒一般レバ5程度にすること(人によってはレバ1とか)
※ここぞというシーンでレバをあげてくるのは達人や上級者クラス感覚


レバレッジを下げることでメンタルコントロールがしやすくなる


また
トレードにおいて適正な判断が下せるようになる


レバ下げトレードは淡々とトレードをすることになるので
『退屈というかつまらなくなる』ような感じになる
これが本来の王道スタイルである=できるだけ客観的判断が下せるような状況を作る
⇒退屈な日々を過ごすこと=冷静な判断(客観的判断)がいつでも下せる真理&心理の仕組み


メンタルは売買実践中で自然に鍛えられる 
決してわけのわからない修行(神社で祈る&座禅組むなど)などで
鍛えられることはありえない
⇒実践至上主義(アウトプット的帰納法)~実践と検証(フィードバック)~


トレードのリスク&資金管理は
検証(デモトレ)⇒小額実践(スタイル構築)
⇒資金追加(少しづつ増やす)⇒資金コントロール(入出金)の順番がベスト


※アウトプット的帰納法とは
大量の行動から導かれる質の高い行動への変換行動
=質量転化の法則のことである
(洗練されたプロの行動や思考のこと 
無意識レベルまで昇華された思考や行動レベル)


■参考文献

投資苑 - 心理・戦略・資金管理

取引停止ルール
・当日の負け マイナス2%ルール で終了  
・月間の負け マイナス6%ルール で終了

トレーディングエッジ入門―利益を増やしてドローダウンを減らす方法 (ウィザードブックシリーズ138)

事前にある程度のリスク&リワードの計算をすることがポイント

破産確率を極限まで徹底的に下げる~鉄壁のリスク&資金管理~



gfdgfsgfds_20150825064605412.jpg
(一発退場はもうゴメンだ!!)


●お金持ちの定義


収入-支出=金額 『貯金額または自己投資額が多いほどお金持ちの要素が高い』


お金持ち=貯金額がめちゃくちゃ多い 要はお金を持っている


・資産となるモノ・金を持っている(株券・不動産など)
・見えない資産も持っている(ゼロからはじめても再び金持ちになれるスキル&力がある)
・異業種な人脈を持っている&知っている
・資産(金)が資産(金)を生む仕組みを作り上げている(作り方を知っている)
・資金管理が出来る仕組みを持っている(作り方を知っている)
・自分がいなくても収入が入ってくる仕組みがある(不労所得)
など



●初心者向けの自己資金管理術(とりあえずは自己投資に全力を尽くす)


・自己投資(株&不動産用投資資金&ビジネス用投資資金を含む)
・貯金
・生活費(税金なども含む)
など
 

銀行口座を3つ用意(リスク分散)しそれぞれ専用の


・貯金用口座(30%)
・自己投資用口座(30%)
・生活費口座(30~40%)
に分ける


収入の3割ほどを貯金 3割ほど自己投資資金にし残りは3~4割ほど生活費資金にする

貯金が全く出来ない場合は自己投資をやっていくことがポイントになる

自己投資は株FXの資金(種銭&原資)であったりビジネス用投資資金(ネットビジネス)であったりする

・株・FXの資金~FXでは最低20万ほど 株では200万ほど必要(個々のスキルにもよる)
・不動産の資金~1000万ほど必要
・ネットビジネス用資金(例)~2~3万ほどで十分
(サーバー代・ドメイン代・教材費・外注費など)
※ネットビジネス分野では時間への投資する割合が非常に大きい
=時間管理が特に重要になってくる(ある種時間泥棒との戦い)


・貯金は先取り貯金&天引きとし貯金してしまうことがポイント
収入が入ったら即貯金する※自動積立定期貯金が便利)
~自分の意思とは無関係に貯金を自動的にやってくれる仕組み作る~
貯金の自動化はオススメ(自動積立定期貯金)


資産&資金が増えるに従い資金管理比率が変わってくる

貯金(30%)・自己投資(30%)・生活費(40%) 月収入100万
⇒貯金(30%)・自己投資(50%)・生活費(20%) 月収入200万
⇒貯金(30%)・自己投資(60%)・生活費(10%) 月収入400万

という具合(事例)に・・・

自己投資が仮にアウト(全滅)になっても他の部分でカバーできているのが特徴
(貯金が大きなリスクヘッジ※)

※リスクヘッジは投資のポートフィリオ的な側面がある
(株・FXの分配比率 ネットビジネスとのヘッジ関係等 
自己投資の中でもリスクヘッジを行う)
~複数のキャッシュポイント獲得と同時にリスクヘッジとしての役割を果たす~


●金&時間など効率よくそして上手に節約をしてお金を貯めていく&時間を作っていく


固定費の大幅削減~家賃費用・通信費・新聞代などの見直し&コストカット
(節税対策も兼ねている)
仕掛け側にほったかしで金を搾取されている状態でもある 
cf 不動産投資(大家) 不労所得システム(企業) 消費税(政府)

■参考図書
「仕組み」節約術
◎仕掛け側に回るべし&仕掛け側の戦略を見抜く


・いらないものを捨てる~断捨離
ヤフオク等で売り換金しその資金を自己投資にあてる
事例~断捨離マスター(ミニマリスト&シンプルライフ)
物を探す(選ぶ)手間がなくなる⇒時間の節約 
余計なもの買わないようになる⇒金の節約
仕掛け側はなんらかしら付加価値を付けてでも売りつけてくる 
cf 家具屋・家電屋など

■参考図書
人生がときめく片づけの魔法
マンガでわかる! トヨタ式仕事カイゼン術
◎仕掛け側に回るべし&仕掛け側の戦略を見抜く


・エコで小食な健康法実践~1日2食健康法など 
エンゲル係数が低水準になる 食費が相当浮く
浮いた金を自己投資にあてる
事例~西式健康法実践(断食&小食マスター)
健康への投資もときには必要(筋トレ器具など)
仕掛け側は健康を軽視してでも美味しいものを作り売り込んでくる 
cf 外食産業 菓子メーカー 飲食店など

■参考図書
断食博士の「西式健康法」入門―病気にならない秘訣
◎仕掛け側に回るべし&仕掛け側の戦略を見抜く


・時間へ投資 自転車よりも車を使うと早く目的地に到達する 
時間をお金で買う感覚
浮いた時間は有効活用(自己投資へ回す)すること
=『時は金なりの意識付け必要』『時間は有限なのだ』
事例~ネットスーパー(通販)の活用=家事労働の外注化 
複数家事家電の活用⇒家事労働の複数自動化(時短)
事例2~マルチタスク並列処理(仕事帰りの買物など)
仕掛け側は無料という最強の武器で攻め時間の占拠してくる 
cf TV&ネットの時間泥棒達(特に芸能ニュースなど)

■参考図書
一生お金に困らない3つの力
◎仕掛け側に回るべし&仕掛け側の戦略を見抜く

作り出した時間と金を自己投資(ビジネス&投資)に回すことがキーポイント
投資せずいつまでも一般大衆消費者側(仕掛けられ側)にいるようでは
金持ち側に行けないだろう


レシートの活用(無駄な買物を防ぐ効果絶大)

買物のレシートは残しておき管理しておくことで
無駄買い防止・買物中毒化防止につながる
さらに税金対策にもなり家計簿にもなる
仕掛け側はレシートを捨てさせようとする
(消費者側の金の管理を怠らせる&鈍らせることで消費促す)
cf レジ横にあるレシート捨てボックス

■参考図書
コミック版 あらゆる領収書は経費で落とせる
お金の教養ーみんなが知らないお金の「仕組み」
◎仕掛け側に回るべし&仕掛け側の戦略を見抜く



●まとめ雑感


まずは銀行口座を3つ用意しその1つに貯金をするといいだろう
貯金は小額でもいいので自動積立定期貯金を活用していく
⇒貯金自動化の仕組み作り上げる

日頃からレシート集め毎日眺めてみると無駄な出費がわかってくる
レシートを捨てさせようとするのは
消費者側にもっともっと消費&浪費させる作戦なので気をつけること
⇒節約&リスク管理意識を高めるのは日頃からのレシート俯瞰

固定費の大幅減で大きく節約し
断捨離や西式健康法実践などでさらに節約&節制を徹底し
それによって作り出された時間&金を自己投資にあてることが重要ポイント
⇒個人ても企業でも同じコストダウン論理

ときには時間に投資(時間を買う)をしてさらに時間を作り出す(節約・時短)と
自己投資力が加速する
⇒スピードの意識が特に強い(大量回転&行動⇒量質転化の法則)


トップへ戻る